節約と散財の旅

旅・アウトドア好き30代夫婦、セミリタイアを目指す

<休職>ポンコツ看護師歴③

現在休職中。ポンコツ歴を振り返っています。

最初から読む方はこちら。

 

 

以前から多重課題が苦手だったり、

臨機応変な対応が難しいと感じていて、

新人の頃は頭が真っ白になってパニックになったり、

パニックによる衝動で仕事でヘマをしてこき下ろされる

(この子にやらせると危ないからと言って仕事を与えられない)

等、色々とやらかしながらも、

3箇所目の病院でやっと一人前にしてもらえ、

何とか3年勤めることができました。

 

そんなこんなで、順風満帆には行かなかった看護師生活。

そして結婚し、移住して初めて一緒に住むことになり、

慣れない環境の中で、お互いがいっぱいいっぱいでした。

 

特に厳しかったのが、私の仕事。

病院の評判も知らないまま、

引っ越してからはゆっくり過ごしたいという理由で、

前職に在職中、地元に居ながら2時間半高速道路を運転し、

面接を受けに来て、そのまま採用。

(実際には違う病院に見学にも来た)

1ヶ月の前職有給消化後、

総合病院の内科病棟に勤務開始となりました。

 

入ってみてびっくりしたのが、パートさんの多いこと。

日勤メンバーの7−8割パートさん、なんてことはザラでした。

師長が居て、Aチーム・Bチームの各チームリーダーが居て、

夜勤者が居て、そして新人のワタシ。

残りの日勤チームメンバーはパートさん。

ちなみに病床数は約50床(内リカバリールーム3床)

急性期の内科病棟でしたが、寝たきりや透析患者さんも多かったです。

(DPCの概念があんまりない病院でした)

 

日勤での受け持ち患者は6−8人くらいが平均。

ただし、15時、16時半、17時までのパートさんが多く、

引き継いで血糖測定などもしていたので、

夕方からが忙しかったです。

 

常勤での採用だったので、当然夜勤もあるのですが、

「リーダーが出来ないと夜勤に入れない」という

病院独自の謎ルールのおかげで、

しばらく経ってからのデビューになりました。

 

その代わり、早く慣れろと言わんばかりに

入職3ヶ月でシフトの半分以上がリーダー業務。

パートさんが多く、数少ない常勤で夜勤も回さないといけないので、

そうなるのは至極当然なのですが、

病院のルールや医師のキャラクターも掴めてない中で

リーダーをやらなくてはいけないのは大変でした。

 

通常の日勤メンバーで始業時間の50分前出勤、

リーダーの時には75分前には出勤し、情報収集していました。

もちろん前残業は付きません。看護師業界の闇ですね。

(パートさんも60分前に出勤してる方が多かったです。)

 

そうなると、朝は5時半起き、6時50分出勤。

家に帰ってくるのは大体20時半〜21時すぎ。

 

結婚早々にすれ違い生活が起こり、

夫も19時〜20時に帰宅、私より少し早いものの、

閉店間際のスーパーに駆け込み、惣菜を買い、

満足に料理もできない日々。

そして毎日のように半額寿司。

(料理は得意ではないですが、料理することがストレス発散でした)

 

そこから2ヶ月も経たないうちに夜勤も始まるようになり、

約25人を1人で看るプレッシャー。

50床に対し、看護師2名、介護士1名の3人体制でした。

急性期病院でこの配置は中々無いんじゃないかなと思いますが、

みなさんのところではどうでしょうか?

 

前の病院は急性期35床(うちリカバリー7床)で看護師3人、

地域包括ケア50床で看護師2人+介護士1人だったので、

とてつもなく無謀なことのように感じました。

(地域包括ケア病棟は、病状が比較的落ち着いた患者さんがいるため、看護の負担が急性期と比較すると少なめ。その代わり、寝たきりの方、認知症がある方、等、介護負担は増す印象です。)

 

 

血糖3検(毎食前に測定)が5−6人、

うち半分がスケール対応(血糖値に合わせてインスリンを打つ)

かつ、寝る前もスケール対応で1日4検なんて人も中にはいました。

 

遅番が居れば食事介助や排泄介助を手伝ってもらえますが、

パートさんが主で、日勤常勤がリーダーのみ、

チームメンバーに1人居ればラッキーくらいなので、

当然看護師に遅番なんて勤務はありません。(介護士はいた気がする)

 

急性期なので、バイタル3検(日勤で1回、夜勤で朝と晩に測る)

血糖測定、スケール対応、食事介助、

寝る前の排泄介助、センサーやコール対応、

不穏で寝ない患者の対応、

朝食前の採血(当然早番も居ませんでした)

これを自分の受け持ちの25人にしなくてはいけないので、

当然回りません。

 

当時、たまたま血糖測定が多かったのかは分かりませんが、

夕食前後のバタバタした時間は特に、

医療事故を起こすのも時間の問題だな、と思うくらいでした。

とにかく回らない。

 

それで、何とか回すためにはどうするかというと、

経管栄養の患者さんに夜中の3時半に回り始め、

4時前から経管栄養を繋ぐという状況。

そして、寝たきり度の強い方から検温。

患者さん主体では全くないのが現状でした。

(ちなみに前の病院は回り始めるのが5時でした)

 

 

あと、夜勤中の仮眠がありませんでした。

看護師は夜寝ないかと思われがちですが、

1回16時間を超える勤務です。

急変があったり、緊急入院がない限りは、

通常仮眠が1−2時間取れます。

 

しかしこの病院では、記録が終わり次第、各自、

ナースステーションで回る椅子に足を上げたり、

テーブルに突っ伏したりして、時間をやり過ごす形。

詰め所はあるのに、時間を区切っての仮眠はありませんでした。

 

普段からチームを跨いで患者さんを看ることがないので、

申し送りが難しいという状況もあったのかもしれませんが・・・・

でも16時間以上になる勤務。私は寝ないと無理でした。

私より遥かに先輩がこれをこなしているなんて信じられない・・・

 

 

んで、最終的に精神的に病みました。

簡単に言うと、死にたくなっちゃったんですね。

夫からもあのときは表情がやばかったと言われました。

 

 

そこで、半年経てば有給ももらえるのに、

半年が我慢出来ないくらい限界に来て、

5ヶ月半で転職となりました。

転職してばっかり・・・笑

 

 

↑数日前、雪が振った翌朝の風景。

そこまで積もらなかったけど、格段に寒くなってきています。